貯水槽清掃

年に一度のメンテナンスを

利用者が安心して使用できる水を供給するため、貯水槽を1年に1回、定期的に清掃することが平成14年に法律で義務付けられました。
10トン以上の貯水槽は年1回の清掃が省令で定められており、10トン以下は自治体により、任意になってます。

貯水槽の内部は長期的に放置しておくと、バクテリアや藻、壁面に水垢やサビ、汚泥、虫など様々なものが侵入して飲料水を汚染し、人へ病気をもたらす原因にもなります。
こうしたトラブルを未然に防ぎ、大切な生活水を衛生的に保つために、1年に1回の定期的な清掃を行い、貯水槽の劣化も予防します。


inquiry2

筑紫総業,お問合せ
安心と信頼のある会社,筑紫総業,福岡

筑紫総業ブログ

入居者アップのための、アパート・マンションメンテナンス

 新しく建てたアパート・マンションであれば、何もしなくても入居希望者はたくさん来ると思いますが、築年数が経過す […]
コメントなし

貯水槽清掃の義務

 貯水槽を設置されている方は、貯水槽の清掃が義務化されていますので必ず、貯水槽の清掃を行う必要があります。今回 […]
コメントなし

貯水槽を掃除しないと…。

 貯水槽の定期清掃は、法律によって毎年1回、定期的に実施するように定められています。この法律に違反し、定期的な […]
コメントなし

業務用エアコンの清掃による経費削減

 業務用エアコンは、毎日使用するものですので、多少効きが悪くなったとしても、オフィスの中で働いている方はあまり […]
コメントなし